大学の硬式野球部が教える少年野球教室

大学の硬式野球部が教える少年野球教室

日  時: 2017年11月26日(日) 午前13〜15時 

場  所: 関西学院大学の第3フィールドグランド

参加数:西宮市内少年野球チームの子供達(104名)

甲子園ロータリークラブが社会奉仕の一事業として、須磨海浜水族園にご協力いただき、香櫨園浜で地引網の体験と海洋生物と触れ合える体験学習を行いました。



西宮市体育協会所属の少年野球チームを対象に 野球教室を開催。


少年野球チームの子供達(104名)が、関西学院大学硬式野球部の部員から技術指導を受けました。


野球教室の安全な運営のために、関西学院大学硬式野球部へ、移動式防球ネット(トスバッティング練習用×3台、及びピッチングネット×2台)の寄贈。



参加生徒に対して学生はほぼマンツーマンで指導、更にそれぞれの経験に基づいた指導があったので、横で見ているだけでも子供達の積極性が強く感じられました。


また、技術面においても、ちょっとしたコツが結果に大きく関係する事なども見て取れました。子供達にとっては将来のあるべき姿として目標を持てた事と事業の成果がありました。学生達にとっては将来の野球全体の向上が期待できるとの意見もいただきました。甲子園野球場のある都市、西宮から沢山のスポーツ選手が育って欲しいと願います。


過度な練習や間違った方法などによって将来の芽を摘む事が無いようにも配慮が必要ですし、近未来の具体的な目標も大切です。何よりも将来のまちづくりに積極的に参加する元気な若者が多く育ってくれる事が望みです。